peperonia’s blog

月のテレポーテーションに小指を引っかける人の物語

地理と気候の日本地図 (PHPサイエンス・ワール

日本の気象の複雑さ、多様さがよく分かる本。
それをなるべくデータを盛り込んだところが特色と言えようか。
海流、山、季節風の影響で、同じ緯度でも気温が違ったり、降水量がびっくりするくらい違ったり。
山の麓のほうが中腹よりも早く紅葉したり。
常識を覆されることもあって、楽しく読めた。
データを集めて書くことの大変さは想像できる。
ただ、その労をすぐ忘れてしまうところが読者の横着さかもしれない。